Central Tokyo for Tourism 東京 中央区観光ガイド

Central Tokyo for Tourism 東京 中央区観光ガイド

スポットランキング

中央区の観光スポットのなかで、検索数の多い最新の人気ランキングを10位までご紹介します。話題のスポットをいち早くチェック!

人気のスポットTOP10

中央区の観光スポットのなかで、検索数の多い最新の人気ランキングを10位までご紹介します。話題のスポットをいち早くチェック!

ブリッジにいがた

  • 買う
  • TOP1
  • ブリッジにいがた
  • 「ブリッジにいがた」は、2019年10月1日より常設のアンテナショップとしてリニューアルオープンいたしました。



    お米・日本酒をはじめとした四季折々の豊かな自然が作り出す食料品や、職人の技術が輝く工芸品など新潟の魅力ある商品を取り揃え、まだまだ知られていない「新潟」の魅力を発信していきます。

月島もんじゃストリート

  • 買う
  • TOP2
  • 月島もんじゃストリート
  • 駄菓子のルーツであるもんじゃ焼き。東京を代表する下町の味として広く知られています。遊び心いっぱいの焼き方、食べ方を楽しみましょう。おいしい店が数多く並び、香ばしい匂いと笑顔がこぼれる月島へぜひお越しください。もんじゃ焼きのお土産セットとマップは「月島もんじゃ振興会協同組合事務所」でお求めください。

佃公園

  • 観光する
  • TOP3
  • 佃公園
  • リバーシティ21開発による、スーパー堤防の上部を利用して整備された「佃公園」。園内には、幕末に築かれた灯台を復元した石川島灯台や友好都市山形県東根市からのサクランボの木があります。また、佃堀があり、周辺の佃の町並みが下町風情を醸し出しています。

日本橋

  • 観光する
  • TOP4
  • 日本橋
  • 慶長8年(1603)徳川家康によって架けられたといわれ、翌年には五街道(東海道・中山道・日光道中・奥州道中・甲州道中)の起点となり日本の中心、江戸繁栄の象徴となりました。現在の橋は石造2連のアーチ橋で明治44年(1911)に完成しました。橋の中央の橋灯にある麒麟像は完成当時の東京市の繁栄を表現し、橋の四隅にある獅子像は守護を表しており国の重要文化財となっています。

東京鳩居堂 銀座本店

  • 買う
  • TOP5
  • 東京鳩居堂 銀座本店
  • 京都で薬種商として創業してから350年あまり。「日本の伝統文化を守り育てること」を理念に、昔からの伝統やしきたりを守りつつも、現代の日本人の生活にも合った、上質で季節感のある商品を数多く取り揃えています。1階では便箋・封筒・はがき・カード・金封・季節商品(扇子・干支置物など)など、2階では香・筆・墨・硯・紙・書画用品・和帳などを販売しています。

人形町 からくり櫓

  • 観光する
  • TOP6
  • 人形町 からくり櫓
  • 江戸の古き良き時代の風情を色濃く残す、人形町商店街にあるからくり櫓。水天宮側に「江戸落語からくり櫓」(高さ6m50cm)人形町交差点側に「町火消しからくり櫓」(高さ7m55cm)が2台設置され、毎日11時から19時まで1時間おきに約2~3分のからくりが展開されます。それぞれ江戸情緒たっぷりの演出で、道行く人々の目を楽しませてくれます。

銀座 伊東屋 本店

  • 買う
  • TOP7
  • 銀座 伊東屋 本店
  • 1904年創業の文房具専門店。「“買う場所”から“過ごす場所”へ」がコンセプト。各売り場には体験スペースが設けられています。2階には手紙を書くスペースと本物の郵便ポスト、5階にはノマドのためのワークスペースがあります。8Fではペーパークラフトのワークショップを開催。伊東屋オリジナル商品・直輸入品・made in Japanの逸品など、美しさと機能を兼ね備えた品々が並びます。

大観音寺

  • 観光する
  • TOP8
  • 大観音寺
  • 鎌倉時代に作られた御首だけの鉄造観世音をご本尊に祀る、江戸三十三観音第三番札所の寺院で、人形供養が有名です。境内には、走りの守護神・韋駄天尊も祀られ、ランナーの聖地ともなっています。東日本大震災で、ご本尊だけが真東に向きを変えられました。平成の不思議顕現といわれ、毎月ご縁日の11日と17日にお扉が開かれ、誰でもお参りすることができます。

日本国道路元標

  • 観光する
  • TOP9
  • 日本国道路元標
  • 慶長9年(1604)五街道の起点と定められた日本橋。明治時代に入ると橋の中央が全国の国道の起点と定められました。橋の車道中央には、当時の総理大臣・佐藤栄作による文字が刻まれたブロンズ製の元標が埋め込まれています。北西の橋詰め「元標の広場」には、そのレプリカ(複製)があります。

佃小橋

  • 観光する
  • TOP10
  • 佃小橋
  • 延宝7年(1679年)の「江戸方角安見図鑑」には、東西二島に分かれた佃島に入堀があり、現在とほぼ同位置に橋が架けられています。現在の佃小橋は昭和59年(1984年)に完成した橋で、側面はアーチ状の石張りが施され、朱塗りの高欄と擬宝珠により古風な雰囲気を感じられます。

日本全国の名産品が集う中央区の注目アンテナショップのご紹介

日本全国の名産品が集う中央区の注目アンテナショップのご紹介